新着情報

2017年3月31日

施工事例のご紹介:四輪販売チェーン・練馬区の店舗様

ぱくぱくこんにちは!
本日は、東京都練馬区の四輪販売店様で
壁掛形エアコンの入替工事をさせて頂いた際の写真を掲載いたします!

既設の空調機は1998年製でした。
19年間前の機器から、最新機器への更新で大幅な省エネ効率アップが期待できます♪
入替に伴い、配管も引き直しました。すっきりして見えますね。

_____________________________________________________
☆この度は弊社をご利用頂き誠にありがとうございます。
エアコンのことでお困りのこと等がございましたらまたお気軽にご連絡下さい!
今後も宜しくお願い致します。
_____________________________________________________

◆おすすめ記事
【ちょっと待って!そのガス、危険です。】冷媒R443Aの封入について警告
空調機定期点検の義務化について
冷媒(フロンガス)R22について

2017年3月23日

【ちょっと待って!そのガス、危険です。】冷媒R443Aの封入について警告

空調機は、それぞれ機器に封入する冷媒が指定されており
対応した冷媒を使用することを前提として設計・製造されています。
それ以外の冷媒に入替する、といったことはありえません。

◆現在、空調機に主に使用されている冷媒の種類
55

近年、空調機の冷媒をノンフロンガス【R443A】に入替えることで
「省エネになりますよ」などと勧め
機器指定以外の冷媒を封入する業者による被害が多発しています。
(実際に電気代が減ったように感じられるかもしれませんが、それは機器の能力が低下しているためです。)
メリットのみ書かれているチラシや、勧誘の電話にはご注意下さい。
なかには修理業者を装い、無断でR443Aを封入する業者もいるようです。
すこしでもあやしいと思ったら、すぐにメーカーに相談しましょう。

指定以外の冷媒を封入することは、機器の故障につながるだけではなく
【R443A】が可燃性のガスであることから、火災や、爆発を起こしてしまうケースもあります。
また、改造品の扱いとなる為 メーカーでも機器の保証ができなくなってしまいます。

指定以外の冷媒を入れてしまった機器に関しましては
修理が出来なくなってしまうため
新しい機器に入替するほか、ご対応できる方法がありません。

家庭用エアコンはもちろんのこと
業務用エアコンとなりますと、さらに高額なものです。
せっかくご購入された機器に、指定以外の冷媒を封入してしまったために
機器ごと入替しなければならない…ということになってしまったら
非常にもったいないです。

ぱくぱく
【指定以外の冷媒を使用しない!】

下記に日本冷凍空調工業会様のページのリンクを貼りました。
ぜひご一読下さい。

日本冷凍空調工業会| http://www.jraia.or.jp/info/conductor/index.html

2017年3月17日

施工事例のご紹介:渋谷区の会社様

ぱくぱくこんにちは!
本日は、東京都渋谷区の会社様で
室外機の修理をさせていただいた際の写真を掲載いたします!

☆三菱電機製の室外機。設置後10年近く経過しています。経年劣化による部品不具合。
dsd

_____________________________________________________

この度は弊社をご利用頂き誠にありがとうございます。
エアコンのことでお困りのこと等がございましたらまたお気軽にご連絡下さい!
今後も宜しくお願い致します。
_____________________________________________________

2017年3月10日

☆お客様アンケートのご回答

ぱくぱくこんにちは!
弊社をご利用頂いたお客様よりアンケートのご回答を頂きましたので
今回も掲載いたします!

1 2

_____________________________________________________

この度は弊社をご利用頂き、誠にありがとうございました。
またのご利用お待ちしております。
今後も宜しくお願い致します!
_____________________________________________________